国営電力、1287中継所で送電を停止

Oleh :
  • Font:
  • Ukuran Font: - +
  • テンポインターアクティブ、ジャカルタ発: 国営電力は、ジャカルタにある1287の送電中継所からの送電を停止することになった。この停電は、首都圏を襲っている洪水の影響による送電中継所が水浸しになったからだ。 「このまま送電し続けたなら、送電中継所が破裂してしまう」と国営電力洪水監視員ルディは、2月2日(土曜日)、電話インタビューに答えた。 これら送電中止になるのは、ガンビル地区(731ヶ所)、クラマトジャティ地区(237ヶ所)、クバヨラン地区(138ヶ所)、タンゲラン地区(181ヶ所)などになると彼は語った。この停電措置は、1月29日から実施されている。しかし、一部の地区は、今日から停電になる。この停電措置は、送電中継所付近の洪水が引くまで続けられる。 しかし、停電にならない場所もある。「これは特別地区などである。例えば、国家宮殿、大統領・副大統領官邸、各大臣室、市長室などがある」とルディは語った。

     

     

    Lihat Juga



    Selengkapnya
    Grafis

    Khasiat Jus Mentimun, Tak Hanya Turunkan Tekanan Darah

    Jus mentimun biasanya diminum pasien hipertensi. Melansir dari Boldsky, berikut beberapa manfaat yang bisa diperoleh dari jus mentimun.